イルカは好きですか? 野生のイルカと泳いだら囲まれちゃいました。

昔から憧れのドルフィンスイムをするために御蔵島に行ってきました。
プールに行って、息を止める練習や三点つけて潜ったりも練習?
いえ、単に潜りたくて遊んでいただけなんですけれどね。

竹芝桟橋から御蔵島に向かって出航!
野生のイルカと一緒に泳ぐ事について、いろいろとレクチャーもありました。
一番やってはいけない事は、触ること。
絶対に触ってはいけませんと。何回も注意を受けました。
船頭さんがイルカの群れを見つけてエントリー。

海に入ると「キューンキューン」とイルカの声が聞こえてきました。
透明度は8メートルくらいだったでしょうか。
イルカの声を頼りに泳いでいたので私はみんなと少し離れた場所を泳いでいました。
気が付くと目の前にイルカの群れ。
海に潜っていくと、一頭のイルカが海底で見つめていました。
口の先をクイクイしてます。
やんちゃのイルカだったのでしょう。第一印象はイルカがサングラスをかけているような…
そんな印象でした。
「ふん!お前、ちゃんと潜って遊べんのかよ」ってバカにされたようなイメージが頭をよぎりました。
うっわー…。なんか思ったのとちがーう!!!
とか考えちゃいながら息継ぎ。
そして軽く潜った時です。
「ぎ、ぎょえ〜!!なになに、どうしてこうなった?」
右側・左側・上・下・前にイルカ達。接近遭遇なんてものではありません。
「触るなって言ったって、触れちゃうでしょうよ〜!!どうすりゃいいのさ」
って、まあ…一瞬の事だったのでしょうけど、真横を通る大きなイルカの目と目が合いました。
「もう〜うちのがビックリさせて、すみませんね〜。」
とでも言うようにお母さんイルカでしたよ。赤ちゃんイルカと一緒に私を取り囲んだイルカ達を悠然と散らして行きました。
赤ちゃんイルカは興味津々な目をこちらに向けて、お母さんイルカにピッタリくっついて去って行ったのでした。
うーん。思い出してもまるで夢の中のようです。
あの海で、イルカ達とテレパシーで会話できたような…そんな不思議な体験ができました。
また、イルカと一緒に泳げるといいなぁ。3万円融資

高校野球(甲子園)の雑学、雑学知って高校野球を楽しもう!

3月23日から4月4日まで、第90回記念選抜高等学校野球大会が開催されます。そこで今回は高校野球の雑学をいくつか紹介したいと思います。

その1、高校野球記念日
8月18日が「高校野球記念日」であることをご存じでしょうか?大正4年(1915年8月18日に大阪の豊中球場で第1回全国中等学校優勝野球大会が開催された事が由来となっています。この大会が前身となっていて、昭和23年(1948年)に「全国高校野球選手権大会」が始まり現在も記念日として残っています。

その2、甲子園球場の由来
甲子園球場の名前の由来は、球場が完成した日にあります。完成した日は大正13年(1924年)8月1日は十干と十二支のそれぞれ最初にあたる「甲(きのえ)」と「子(ね)」が60年ぶりに重なる「甲子(きのえね)」の年となっていました。それが大変縁起の良いものだとして甲子園大運動場と名付けられ、後に甲子園球場と名称が変わりました。

その3、優勝旗が盗まれる?
昭和29年(1954年)の夏の大会の優勝校の中京商業高校(現在の中京大付属中京高校)の優勝旗が盗まれました。優勝旗は昭和30年(1955年)に見つかりましたが、犯人はわかりませんでした。

この他にもいろいろと高校野球の雑学はあるので、皆さんも探してみませんか。高校野球を見るのがさらに楽しくなると思います。

タバコ謹慎で自殺した高校生が過去にいたそうです

高校生など若い世代が自殺するニュースが多いですが、大体はいじめだったり家庭問題が原因での自殺ですよね。
2002年にこんな問題で高校生の自殺があったそうです。
それは煙草を吸ったことにより謹慎処分になった生徒だったようです。
元々この生徒はカンニングをしたことで謹慎になったそうです。
その後毎日反省文を書かされ続けたそうです。
そのことがストレスになってつい学校のトイレでタバコを吸って再び謹慎になった所、それがまたストレスになり追い詰められて自殺することになったそうです。
最初はタバコを吸うなんて子供のくせにクズだと思いましたが、これは学校の行き過ぎた指導が問題になったようですね。
反省文を書かされたのが苦痛だったのにどうしてまた謹慎になるようなことをしたのだろうという疑問もありますが、鬱になっていてその判断が出来なかったのかも知れないですね。
この子は生きていれば私と同じ年ですが、どんな人生を歩んでいたのでしょうか。

11月7日の焼肉屋の営業です。ランチタイムは安定感がありました。

11月7日の焼肉屋の営業です。ランチタイムは安定感がありました。そこまで忙しいという感覚はありませんでしたが、閉店まで途切れることなく来客があり暇ではありましたが、32名の来店があり平均値を上回ることができました。ランチタイム閉店後は1週間ぶりにグリストラップを掃除しましたが、油の塊が浮きそれをすくい上げました。さらに底のほうにもゴミがたまりかなりの量を取り出しました。先週は3連休という事もあり忙しかったのでその分汚れも溜まったのだと思います。1週間に一度掃除をしていますがその習慣を見直す必要性があると感じました。ディナータイムはわずか8名と苦戦の営業でしたが新規のお客さんばかりだったので話しかける機を伺って会話をして印象に残ってもらおうと考えました。営業終了後は各テーブルに設置してあるシロッコという棒状の換気扇を掃除しました。煙突掃除のような感じで棒にクロスを巻き付け、突っ込んでゴシゴシ磨くという形になりますが、2個ほど行いました。全部で12個あるのでこれも順番で掃除できるように心がけていこうと考えています。良い飲食店の条件に掃除ができているという事が挙げられます。それが衛生面にもつながりお客さんに信頼を得ることができると考えます。暇な時間があればその分掃除をしてお客さんを出迎えれるように意識していきたいです。

男の子でも服にもこだわりがあるようです。

小学校5年生になる息子は、ここ最近自分の着る洋服に対してこだわりを持つようになりました。産まれてから今までは様々な色の服を着せてきました。まだ文句を言わない小さいころには薄いピンク色のシャツも着せたりもしました。女の子と違ってこだわりがないようで、私が準備した服を素直に着ていたのでとても楽でした。
でも、小学校4年生あたりから少しずつ文句を言うようになりましたが、何とか着てくれてはいたのです。でも、5年生になった今では着心地が悪いとかこの色は嫌だとか言うようになったのです。なので、一緒に買いに行くか事前に買う色を決めて買わないといけなくなったのです。
先日も、義理の姉の息子、甥っ子が着ていたというダウンジャケットのお下がりを義母が持って来てくれました。でも、その色は緑色で「多分着ないだろうな」と思いながらも一応受け取りました。学校から帰ってきた息子に聞くと「いや」という一言で終了。やっぱりいくら子供でも気に入らない服を着るのは苦痛なのだなと感じています。海宝の力 体験談

バス通勤、便利がいいようで、実は嫌なこともあり

工場への通勤に会社のバスに乗ります(といっても、たまにですが)。
乗車時間は、15分弱です。代替交通がないので、基本、このバスを使うしかありません。
このバス通勤、問題があります。
帰り、一本目に乗れず、次のバスに乗らなないといけない時があるのです。まあ、15分ぐらい待てば、次のバスが来ますので、それほどの問題ではないです。
でも、今日は、ギリギリ丁度に乗れない順番になったのです。60人ぐらい乗りの、丁度乗れなくなった人だったのです。
しかも、余裕で乗れないぐらいの順番に並んでいたのですが、少しづつ詰めていき、段々前の人数が減っていったのですが、私の前でストップがかかってしまいました。もう少し詰めてよと思うのですが、仕方ありません。後ろの人も乗りたかったのでしょう、前はこの位置でも乗れたのに、とぼやいていました。
かわりに、15分待って1番に乗って座って帰りました。
まあ、待つことは同じなのですが、ギリギリアウトは、なんか嫌な感じですね。

小学校のときに出会った「花形ガール」という図書について

こちらが小学生6年生のときに、とある友人の父がこちらに誌を援助してくれました。それが「大物ガール」でした。誌をもらったことははじめてで乏しいながらも何か意味があるのかなと感じていました。開けてみると「大物ガール」。聞いたことがないなと思いながらもとりあえず読んでみることにしました。詳細は海外の大学生のロマンスのテーマでした。甚だしく変わっている妻と極めて普通の男児のロマンスでした。変わっていることを受け入れられないが好きになってしまった男児は妻に「普通になってほしい」と言います。妻は自分が変わっていることにプライドを有する反面、男児に嫌われたくないという心境もあり、普通に振舞おうと努力します。しかしそれは賢くいきませんでした。しかしそのときに男児は気づきました、「ノーマル」であることがいいとは限らないし、妻が彼氏女らしく振舞っているときが彼氏セルフも妻と過ごして幸せな間隔ですと。小学校のこちらはその誌を読んで衝撃を受けました。モラルの勉学などでスタイルを大切にと言われながらも、変わっていることはダメだと心のどこかで思っていたのかもしれません。アリシア 脱毛 効果

猫が逃げ出した時、母はその子の大好物の煮干しを取りに行く

昨日の夜、妹が帰宅した時に我が家の猫の大きい方が外に逃げ出してしまいました。
普段も外に出たがるものの無理して出ようとはしないのですが、時々衝動に駆られてしまうようです。
ちなみになぜ外に出さないようにしているかと言うと、その子は元々はどこかに飼われていたけども逃げ出して保健所に保護されており、引き取る時にいずれ飼い主が現れる時を考えて外に出さずに保護すると約束しているからです。
母はもうこういう事態には手慣れたようにその子の大好物の煮干しを取りに行き、私はとりあえずどういう状況下見に行きます。
妹がスマホのライトで家の縁の下を照らし、そこで猫は床に頬ずりしたり寝転んだりしていると言います。
その状態が長引いたら困るなと思っていたら、なんと自分から出てきました。
私が近づいても逃げないので捕まえて家の中に保護したら母が持ってきた煮干しを美味しそうに食べたため、みんなで煮干しを食べたいから逃げ出したのではと話し合いました。
以前も逃げ出した時があり煮干しを持ち出して玄関から出ようとしたら自分から戻ってきたことがあり、もう煮干しがある限りあまり心配することはないのかもしれません。

気づけば11月も半分が終わってしまいました

そろそろ今年を振り返る時期がやってきました。
今年は個人的にいいことは少なかったような気がします。

でも、大きな学びもありました。
仕事は組織に属してのみ成り立つものではないということ。
自宅でもいい仕事はできるということ。
いろんな働き方ができるということ。

自分に合った仕事はまだまだ見つかってない気はしますが、自分のやってみたいことはやれた気がします。
それだけでも格段なる変化かな。

これまで『外で働かなければ充分な収入を得られない』と思っていたんですが、そうではないんですね。
自宅でも自分のできることを武器に稼いでる人はたくさんいる。
私もその中の一人になりたい。

そうなると、私の武器って何なのかなって思います。
一生懸命って武器に入るんですかね?
やりたいだけじゃダメなのかな?

でも、いくつもやってみて、自分に合った仕事を探して挫折を繰り返して、人は自分に合った仕事にたどり着くなかなとは思いました。
やってみるだけでも悪いことではないんですね。

広い庭はうれしいけれど手入れがかなり大変

我が家はマンション暮らしなのですが、マンションの一階部分に住んでいて、リビングの窓から続く庭がついている部屋です。
結構広い庭で、16畳あるリビングルームより庭のほうが広いというほどです。
マンションを購入した時は、広い庭がとても魅力的に見えました。
実際、飼っている犬も庭でのびのびの遊べるし、子どもが生まれてからは子どもが飛んだり跳ねたり走ったり、夏はプールをしたりと楽しそうに過ごしているので満足は満足なのですが…。
しかし、なにせ手入れがかなり大変です。
芝の庭なので、放っておくと芝はどんどん伸びていってしまいボーボーになるので、定期的に芝刈りをしなくてはなりません。
そして、芝の間からどんどん雑草が生えてきます。
もう少ししたら雑草取りをしよう、なんて少しでも怠けていると、春から夏にかけての雑草パワーは恐ろしく、どんどん根をはっていつの間にか取り返しのつかないことになってしまったり。
なので、ちょくちょく庭の手入れをしなければならず、広い庭も一長一短だなと思います。
もう少し子どもが大きくなったら、雑草抜きを手伝ってもらえるかな。