過去にもあまり経験のないような猛暑を強いられている今日この頃ですね

日本列島の猛暑ではお年寄りが畑仕事の際に亡くなったというニュースを聞きましたが、子供達も猛暑で熱中症の犠牲になっていると聞き、大変なことだなあと思っています。
先日は、罰のように部活の顧問が生徒に校庭80周を命じたというものがありました。
生徒は倒れて病院に搬送されました。

これって、酷過ぎると思いました。
私もたいがいキツイ部活は経験しましたが、炎天下に校庭80周はナンセンスです。
炎天下じゃなくても、80周ってなんですかね。
校庭10周というのは聞いたことがありますが、80周は生まれて初めて聞きました。
本当に80周走ったら、20キロメートル近くあるらしいと友人が言っていました。

炎天下の中2キロ走るのだって相当辛いです。
猛暑の炎天下の中校庭80周走るのは拷問と呼んでいいと思いました。

こんな酷いことを命令した先生に責任があると思います。
私がこの子の親なら先生を辞めてもらいたいと感じると思います。

小学生も炎天下の課外授業で熱中症で亡くなったということでした。
気温が30度を切ってから課外授業を再開したほうがいいかもですね。
こうなったら、夏休みは7月と8月の2か月丸々というのはどうだろうかなどと本気で思いました。